コンジローマと子宮頸がんには関係がある

様々な性感染症がある中で、子宮頚がんとの関係を指摘されているものがあります。
それがコンジローマなのです。
コンジローマと子宮頸がんの関係が明らかになっています。

コンジローマの原因は、ヒトパピローマウイルスですがこれは約100種類もの数になります。
そしてこれは皮膚に感染する皮膚型のヒトパピローマウイルスと、性器または粘膜に感染する粘膜型ヒトパピローマウイルスに大別されるのです。
この2つのヒトパピローマウイルスには、良性型と悪性型があります。
粘膜型ヒトパピローマウイルスのうち、このどちらのタイプに感染するかによってその結果は変わってくるのです。
ここ数年若い女性に増えている子宮頸がんは悪性型のヒトパピローマウイルスであり、性器や肛門の周辺にイボができる尖圭コンジローマの原因は良性型のヒトパピローマウイルスが原因となっています。

ヒトパピローマウイルスは、性交渉を持つことで感染をしますが多くの場合はその人の持つ免疫力によってウイルスが消失します。
しかしこのウイルスに感染した状態が長く続くと、がんの前の状態になることもあるのです。
子宮頚部と言われる子宮の入り口の細胞が変化しさらにこの変化が進行することで、数年かけて子宮頸がんに進行をすることもあります。

また近年トリコモナスの男性も増えています。
トリコモナスの感染の原因は性交渉であり、コンドームを装着せずに性器の結合を行うことで感染します。
男性も女性も感染をしますが、男性はおしっこにより排出をされやすいという特徴があります。
このような理由により、男性はこのトリコモナスに感染しても症状が出にくいことから自分が感染をしていることに気が付かない人もいます。
尿道炎の症状が出て初めて、気が付く人も多くいます。
もしトリコモナスへの感染が判ったらメトロニダゾールで治療しましょう。
この成分が入った治療薬は通販で購入することができます。

関連記事
ページ上部へ戻る